遠州鉄道

 天竜浜名湖鉄道乗車の際ついでに乗ってきた。目的は西ヶ崎にあるED28。遠州鉄道の車両はインパクトのある赤い車体に白いラインが入っている。西鹿島から新浜松までの乗車。
 かつては奥山線、中ノ町線などの支線もあったが現在は新浜松−西鹿島間の営業。

路線 新浜松−西鹿島間 17.8km

沿革
1907(明治40)年 浜松鉄道株式会社設立
1908(明治41)年 浜松鉄道株式会社が大日本軌道に吸収
1909(明治42)年 中ノ町線(遠州馬込駅−中ノ町駅)開業
             鹿島線(後の二俣線、現:鉄道線)開業
1911(明治44)年 浜松軽便鉄道株式会社設立
1914(大正3)年  笠井線(遠州西ヶ崎駅−笠井駅)開業
             浜松軽便鉄道が元城駅 - 金指駅間で開業
1915(大正4)年  浜松軽便鉄道が浜松鉄道に社名変更
1919(大正8)年  遠州軌道株式会社に譲渡
1921(大正10)年 遠州電気鉄道株式会社に改称
1925(大正14)年 中ノ町線・笠井線を浜松軌道株式会社として分離
1927(昭和2)年  二俣線(現:鉄道線)全線開業
             浜松軌道株式会社が浜松電気鉄道株式会社に社名変更
1937(昭和12)年 浜松電気鉄道 中ノ町線廃止
1943(昭和18)年 遠州鉄道株式会社設立
1944(昭和19)年 浜松電気鉄道 笠井線廃止
1947(昭和22)年 浜松鉄道と合併、同社路線を奥山線とする
1963(昭和38)年 奥山線(気賀口駅 - 奥山駅)廃止
1964(昭和39)年 奥山線廃止
1986(昭和61)年 新浜松駅 - 助信駅間高架化(遠州馬込駅廃止)、スイッチバック解消

撮影:2010年8月17日
使用カメラ:Nikon D40x

写真をクリックすると大きくなります

西鹿島
遠鉄と天浜線の駅。遠鉄側は2面2線。遠鉄の車両基地がある。天浜線側は無人駅。
西鹿島
天浜線側に留置されていた、30形クハ80。
西鹿島
1000形。これに乗って新浜松へ向かう。
西ヶ崎
上と同じような写真だけどこれは西ヶ崎。
西ヶ崎
西ヶ崎で降りた目的はこれ。駅構内のはずれにホキ800とともにED282が留置されている。ホキ800も今では貴重だったりする。
ED28は1925(大正14)年にイギリスのイングリッシュ・エレクトリック(EE)社から輸入した2両の電気機関車のうちの1台。いわゆるデッカーの仲間であるがこれは凸型電機。日本のデッカーの凸型電機はこれだけである。さて、当初は、豊川鉄道「電機50形」(50)及び鳳来寺鉄道「電機51形」(51) であったが、1930(昭和5)年豊川鉄道電機50形はデキ50形に改形式され鳳来寺鉄道の電機51形はデキ100形 (100) に改番された。
西ヶ崎
さらに、その後も改番されたが1943(昭和18)年に国鉄に買収され、1952(昭和27)年にED28となった。その後、このED282は1959(昭和34)年に廃車され、遠州鉄道に譲渡された。休車という札がかかっているのが気になる。
西ヶ崎
再び1000形に乗って新浜松へ。
車内で
いまでは珍しくなった穴明け式の車内補充券。
新浜松
夕方のラッシュ用に30形が停車していた。30形は1958年から1980年まで製造されたが現在では4編成のみ。そのうちモハ51+クハ61以外はツリカケ式。だから、この写真の車両はツリカケ。今回これに乗ることができなかったのは残念だった。
新浜松
新浜松は2面2線で高架になっている。



鉄道写真集トップへ
ギャラリー弐番館トップへ
RAILギャラリートップへ



inserted by FC2 system