花輪線 1980年、1989年

 かつてSL、8620型の三重連で有名だった花輪線だが、私はSL時代に花輪線に行ったことはない。初訪問は1980年12月だった。雪が深く線路脇になかなかたどり着けなかった。
 1989年のときは弘南鉄道を撮影に行ったときに湯瀬温泉に泊まった。なお、竜ヶ森は1988年に安比高原、湯瀬は1995年に湯瀬温泉に改称されている。

カラー :1980年12月
モノクロ:1989年12月

使用カメラ ミノルタXD
フィルム  コダクローム64、トライX


赤坂田−小屋の畑間
赤坂田駅からすぐ近くの踏切なのだが、冬期は通行止めのため除雪されていなかった。深い雪をラッセルしてようやく線路際へ。
赤坂田−小屋の畑間
モードラがなかったので手巻きで数枚撮影。
赤坂田−小屋の畑間
これは急行よねしろ。昔は急行も走っていた。
赤坂田
当時は駅員もいたのだが現在は小さな待合所だけの無人駅になっている。
赤坂田
この後竜ヶ森へ移動している。
竜ヶ森
現安比高原駅。国道へ出る道が踏み跡程度しかない駅として知られていた。
竜ヶ森
というわけで木立の間からの撮影。かつてのSL撮影のお立ち台まで行く元気はなかった。
竜ヶ森
竜ヶ森は駅前からスキー場に行くことができた。今の安比高原スキー場である。
竜ヶ森
当時は列車交換可能な駅だった。右はキハ17?。スキー客のための待合室か何かだったのかな。記憶にない。
湯瀬
これは1989年。まだ湯瀬だった頃。弘前からここの温泉宿を予約して訪れた。宿泊料はけっこういい値段だったと記憶している。
湯瀬
温泉に泊まった翌日、盛岡へ向かった。JR化後ですでに塗色はタラコではなかった。
湯瀬
駅名票の後ろは温泉街ということがうかがえる。何という旅館に泊まったかは既に記憶の彼方である。


1999年タブレット交換
鉄道写真集もくじへ
ギャラリー弐番館トップへ
RAILギャラリートップへ





inserted by FC2 system