上毛電気鉄道 2013年 その1

 上毛電鉄は前橋市と桐生市を結ぶ群馬県内の私鉄。1980年頃に乗ったことはあるが写真を撮るのは今回が初めて。

沿革
 1926(大正15) 上毛電気鉄道設立
 1928(昭和3)年 上毛線中央前橋−西桐生間開業


データ
 上毛線 中央前橋−西桐生 25.4km 直流1500Vの路線

使用カメラ   Nikon D40x
撮影日     8月26日

写真をクリックすると大きくなります。



西桐生
JR桐生駅から200mほど北側。洋風の外観で1998年関東の駅100選に選ばれている。開業以来の駅舎である。
西桐生
発車が迫っていたので急いでフリーきっぷを買ってなかに入る。
西桐生
一番前まで行って撮る。運転士の彼女らしき女性が運転士と話していた。
700型は元京王電鉄3000系。これは第4編成で「はしる水族館」。
第4編成車内
車内の壁面や天井には魚やペンギンの絵が描かれている。
富士山下
西桐生から2つめの冨士山下で下車。富士山が世界遺産に登録されることになり注目された。駅前に浅間神社がある。
丸山下−富士山下間
渡良瀬川の赤岩橋からの撮影。直線距離は近いのだが浅間神社と病院をぐるりとまわらなければならないのでちょっと時間がかかる。
丸山下−富士山下間
駅の近くから撮影。これを撮った後100mダッシュでこの電車に乗った。
風鈴電車
上毛電鉄の夏の風物詩となっている風鈴電車。第8編成。涼しげな音を響かせる。
粕川
次の下車駅。青空に電車のゴールデンオレンジが映えるね。
粕川
1面2線の交換駅。後ろの農業用倉庫に粕川村と書いてあるが大胡村、宮城村とともに2004年に前橋市に編入されている。
粕川
京王電鉄にいるみたい。レインボーカラーと呼ばれているが8編成あり1色多い。これはミントグリーンの第7編成とゴールデンオレンジの第8編成。
粕川
2004年に改築された。駅周辺は住宅地。
粕川−新屋間
粕川の鉄橋で撮影。バックは赤城山。右岸の堤防(左側)には桜があり春もよさそうだ。涼しげな風景だが蒸し暑い。
粕川−新屋間
田んぼの中で赤城山を撮影。左の人は農作業中の人ではなくて案山子。はじめほんとに人がいるのかと思った。


その2へ
鉄道写真集もくじへ
ギャラリー弐番館トップへ
RAILギャラリートップへ



inserted by FC2 system