紀州鉄道 1979年

 御坊臨港鉄道として昭和初期に開通したとってもローカルな私鉄。当時有田鉄道とともに訪れた。3kmちょいの臨港鉄道にしては車輌はバラエティに富み興味深い私鉄だった。一部廃止されたとはいえいまだ存在していることがうれしい。車輌諸元は若干曖昧なところがあるがご容赦を。

路線:御坊−日高川 3.4km(当時)

紀州鉄道沿革:
1928(昭和3)年  御坊臨港鉄道株式会社設立
1931(昭和6)年  御坊−御坊町間(現紀伊御坊)1.7km開業
1934(昭和9)年  日高川まで開通
1972(昭和47)年 御坊臨港鉄道から磐梯電鉄不動産に事業譲渡、翌年紀州鉄道となる
1989(平成元)年  西御坊−日高川間廃止

1979年3月撮影
使用カメラ ミノルタXD
フィルム  コダクローム64


御坊−紀伊御坊間
キハ604。
1960年新潟鉄工所製で元大分交通耶馬溪線の車両。1975年に紀州鉄道にやってきた。
撮影場所はおそらく2015年と同じ。当時はまだ学門駅はなかった。
御坊−紀伊御坊間
これも多分同じところか。上と同じキハ604.
日高川
キハ308。
1934年川崎車輌製、1950年国鉄で廃車になり1951年に払い下げられた元キハ41005。1970年に休車となり1979年に廃車。これは廃車直前の画像。
市役所前
キハ103。
1931年日本車輌製、元富山鉄道ジハ3でボギー式ガソリンカー。1933年新宮鉄道に売却、1934年新宮鉄道の国鉄買収により鉄道省キハ40304になった。そして1943年に御坊臨港鉄道に払い下げられ、1970年に廃車された。撮影時、まだ待合室に利用されていたがずいぶん荒れていた。今はもう無い。
紀伊御坊
キハ40801。
1936年日本車輌製、元芸備鉄道キハニ19。1937年芸備鉄道国有化にともない国鉄キハ40801となり1943年廃車。その後1947年に御坊臨港鉄道に払い下げられた。形式40800と表記されている。飛び出した前照灯が特徴。
紀伊御坊
このキハ40801は1981年に廃車。撮影時はまだ現役だった。

紀伊御坊
スイッチャーはよくわからないがたぶんDC252か?1954年三菱重工製。東亜燃料鉱業から1973年に御坊臨港鉄道にやってきたが、1984年廃車。
その後ろはキハ202。1933年田中車輌製の国鉄キハ41328。のちキハ0429に改番され、1961年一畑電鉄立久恵線に移りキハ5となった。1965年に有田鉄道に移りキハ202となり、1970年頃に御坊臨港鉄道に来た。右側の無蓋車はよくわからない。
紀伊御坊
DC251とキハ603。
DC251は1960年帝国車輌製、元熊延鉄道。1964年熊延鉄道廃止とともに江若鉄道に移籍、さらに1971年江若鉄道廃止に伴い御坊臨港鉄道にやってきた。
キハ603は604の兄弟車。製造や来歴は同じ。現在紀伊御坊に留置されている。


紀州鉄道2015年へ
鉄道写真集もくじへ
ギャラリー弐番館トップへ
RAILギャラリートップへ





inserted by FC2 system