信越本線2016年 冬

 2016年暮れ、先が見えてきた新潟地区の115系をちょい撮り。時間もなく駅近でお手軽撮影。2017年1月にはなつかしの新潟色が復活したようだがそこまでは撮影できなかった。

撮影日  :2016年12月30日
使用カメラ;Nikon D5200




羽越本線坂町
朝の坂町で米坂線への乗り換えついでにたまたま撮影できたN−9編成。
羽越本線坂町
米坂線の発車が迫っていたのでこれくらいしか撮れなかった。
亀田
E129系
2014年から営業運転を開始した車両。115系を淘汰しつつある。駅付近の踏切でお手軽撮影。時折雪が舞う寒い日だった。
ところで柿の種やハッピーターンで知られる亀田製菓はここ、亀田にある。
亀田
坂町で見たN−9編成をもう1回撮影。ちょっと失敗作。
亀田
後追いのほうがまともに撮れている。
亀田
E653系、しらゆき5号。
もともと常磐線の「フレッシュひたち」に使用されていた車両で、今は新潟地区で使用されている。「しらゆき」に合わせたアイボリーホワイト、日本海と空の青さを表す紫紺、日本海に沈む夕陽の海面への映り込みを表す朱色のラインが配されている。しかし、そういわれなければ色の意味なんて分からない。
亀田
さらに1本、E129系を撮って駅へ戻る。駅から10分ほどのところである。
亀田
N−13編成。
亀田から乗ったのも115系で新井行き快速。直江津から新井までは「えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン」への乗り入れとなっている。。
長岡
長岡まで1時間ほどだがほぼ平坦な新潟平野を走るのでMT54の音は物足りなかった。





信越本線トップへ
ギャラリー弐番館トップへ
RAILギャラリートップへ


inserted by FC2 system