弥彦線の115系

 2013年暮れ、新潟方面に乗り鉄に出かけた。駅撮りばかりのついでの撮影。新潟地区の各停はまだ115系が主力として活躍している。塗色もいろいろあって楽しめる。
 東三条から弥彦まで往復の乗車。

2013年12月28日撮影
使用カメラ Nikon D5200


東三条
現在の弥彦線東三条−弥彦館の路線だが、1985年までここからさらに越後長沢まで7.9km伸びていた。
3本ある2連Y編成のうちY3編成。ワンマン対応編成である。
吉田
越後線と交差する駅で越後線用の115系。4連のL編成で弥彦線にも乗り入れている。
弥彦
弥彦神社本殿を模した木造駅舎。1916(大正5)念開業時の駅舎である。屋根瓦には兎がデザインされている。
駅前には廃業したやひこホテルの建物がある。駅前にあんな巨大な廃墟があるというのもちょっと不気味である。
弥彦
急に激しく雪が降り出した。乗ってきたY3編成で吉田に戻る。東三条から弥彦へ来た後は吉田から越後線で新潟へ行く運用の列車。
矢作付近
弥彦山から連なる山。国上山あたりか。
吉田
3連のN7編成。新潟から越後線を通ってきた車両。
吉田
2連のY1編成。
東三条
吉田から乗ったのは4連L5編成。この列車は柏崎から越後線経由東三条行きとして運転されていた列車。越後線から弥彦線へ、あるいは弥彦線から越後線へと乗り入れるなど変わった運用がある。


ギャラリー弐番館トップへ
RAILギャラリートップへ





inserted by FC2 system