南アルプス南部縦走記 1
 もう10年も前になるが、職場で南アルプス南部を縦走した。そのときは久しぶりの山行で相当ばてたが何とか歩き通した。今ではとても歩き通せそうもない行程である。この年は天候が悪く晴れ間が少なく写真も少ない。

行程
1日目:新宿−岡谷−伊那大島−鳥倉林道(マイクロバスチャーター)終点・三伏峠登山口−三伏峠

2日目:三伏峠−高山裏避難小屋

3日目:高山裏避難小屋−荒川前岳−荒川小屋−赤石岳−荒川小屋

4日目:荒川小屋−荒川前岳−悪沢岳−千枚岳−二軒小屋

5日目:二軒小屋−転付峠−新倉−身延−横浜


三伏峠
鳥倉林道終点から3時間ほどで三伏峠に立つことができる。昔は塩川から5時間ほどかかっていたことを考えるとずいぶん楽である。
烏帽子岳周辺の樹林
翌日は1日中雨の中を歩く。ただ三伏峠から高山裏避難小屋のあいだは樹林帯が多いので雨でも比較的楽である。この時は傘を差して歩いた。
荒川前岳への登り
3日目は朝から晴れ。勇んで前岳へ登り始める。高山裏避難小屋(2400m)から標高差700mほどの登り。これはきつい。
荒川前岳への登りから見た塩見岳
この縦走路で本格的に森林限界を抜けるのはこのあたりからである。
荒川前岳への登りから高山裏避難小屋俯瞰
結構きつい登りである。
荒川前岳(3068m)より
大沢岳から兎岳まで。
荒川前岳より赤石岳
南アルプスの盟主赤石岳(3120m)。南アルプスらしい大きな山容である。赤石の右肩にちょっとだけ聖岳が見える。
荒川前岳より塩見岳(3047m)
右に間ノ岳と農鳥岳が見える。私は2度塩見岳の山頂に立ったことがあるが2度とも天候が悪く山頂からの景色を見ていない。
荒川小屋への下りから悪沢岳(3141m)
空には雲がわき始めた。
荒川小屋への下りから赤石岳
南アの3000mを超える山はさすがにボリュームがある。
昼近くにはもう雲がわいてきた。
荒川岳の南面にはお花畑が広がる。
荒川小屋
標高2610m。荒川岳より標高差500mほどの下り。南アルプスは登ったり下ったりが大変だ。



ギャラリー弐番館
RAILギャラリー
 




inserted by FC2 system